ひなぎく心理ルームは自分自身と向き合える安全で安心な空間を心の専門家が提供しています。

保護者支援

image

 当ルームは、精神分析的心理療法を主たる業務としていますが、地域支援の一環として、子どもさんのことでお困り(不登校など)の保護者の方へのコンサルテーションも提供しています。

 京都府・京都市内すべての公立学校には一般社団法人京都府臨床心理士会所属の臨床心理士がスクールカウンセラーとして配属しています。
 まずは、子どもさんの通われている学校のスクールカウンセラーを、是非ご活用ください。

  • 利用したが相性が合わない・・・
  • 予約が一杯で相談できない・・・
  • 学校内以外で相談したい・・・
このような場合には、ご相談ください。

 保護者の方へのコンサルテーションでは、子どもさんのこころの状態に即した対応について具体的にお伝えします。
お伝えした対応(内容)をご理解の上、実際に子どもさんと交流していただき、その反応をさらに見立て、子どもさんの
こころの理解を深めます。子どもさんへの保護者の理解が深まれば、困った事態は自ずと望む方向に動き始めます。

 学校との連携や関わり方についても具体的にお伝えします。 必要に応じて当ルームが学校と連携をとることも可能です。 不登校をはじめとする困りごとは、本人の成長を促進するチャンスといえます。

 また、当ルームでは、困難な養育となりがちな里親さんの相談も歓迎します。